記事一覧

2016年末に会長・新代表が就任しました。

2017.01.16

ファイル 92-1.jpg

11月付で弊社の代表である野中義夫が会長となり、
野中大輔が代表に就任しました。

新会長は65年目となる会社の歴史と、
自ら勤めてきた54年間の思い出を語りました。

その中でも、2008年からの
世界不況で苦しかった時期の記憶を、
もっとも強調しました。
 

新代表は「社員やお取引先の視点を取り入れて、
変えるべき点は変えていきたい」と述べました。
 
ファイル 92-2.jpg

記念の飲み会のお開きでの記念写真。
かなり酔いがまわってますので、
通行人の方まで引き込んでいます。
ノリのいい人でよかった(笑)

ファイル 92-3.jpg

社員から会長へ贈った記念品。
アクリル加工・デザイン・レーザー彫刻など、
自社の技術が盛り込まれています。

2017年 謹賀新年

2017.01.05

ファイル 91-1.jpg
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別の御厚情を賜り、
厚く御礼を申し上げます。


おかげさまで弊社は今年創業65周年を迎えます。
これもひとえにお客様はじめ協力企業・
関係者の皆様のご支援の賜物と心より
感謝しております。


これを機に社員一同決意を新たに、
いま一度創業の精神に立ちかえり、
尚 一層の努力をして皆様のご愛顧に
お応えしていく所存でございます。


今後とも、何卒ご支援ご愛顧を賜りますよう
お願い申し上げます。 


本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。




株式会社 トミプラ社員一同

ロボドリルがやってくる YAH! YAH!

2016.07.07

ビートルズが来日してちょうど50年とのことですが、
トミプラには新型のマシニングセンターがやってきました。
その名も『ロボドリル』です。
マシニングセンターは切削加工の複合機で、切断・穴あけ
平削り・フライスなどの加工が一台でできるものです。
「ものづくり補助金」の交付を受けて導入し、来年からは
生産転用する予定です。

 
社内的には一大イベントとなった搬入当日の模様を、
写真で紹介したいと思います。
 
ファイル 90-1.jpg
ロボドリル様の巨体を納めるため、狭い工場をやりくりして
なんとかスペースを確保いたしました。

 
ファイル 90-2.jpg
風雲急を告げる空模様の中、大型ユニック車に揺られて
ロボドリル様が姿を現しました。

 
ファイル 90-3.jpg
なんと10トンまで持ち上げるハンドリフトを使って、
ロボドリル様のご入場です。
天井の高さや、出入口・通路の間口がぎりぎりに見えますが、
搬入業者さんによると、「このくらいは、まだやりやすい方。
巾数ミリの余裕しかないところでも、運び入れている」ということです。
その道ごとにプロフェッショナルはいるものです。


ファイル 90-4.jpg
掛け声を合わせながら、機械や在庫品の間隙を縫うように、
ゆっくり進んでいく。

ついに定位置に座を占めたロボドリル様。
後で位置を変えることはたいへん難しいので、
何度も微修正をしてもらいました。


ファイル 90-5.jpg
機械の管理責任者から、機能や性能について、社員全員に説明をしました。

できるだけ長い期間安全に、故障も少なく稼働していただけることを
祈願して、ロボドリル様へお神酒を差し上げます。



 

2016年 今日から仕事始めです

2016.01.05

ファイル 89-1.jpg
明けましておめでとうございます。
昨年は格別のお引き立てを賜り、
心から御礼申し上げます。


本日より仕事始めとなります。
今年も皆様のお役に立てますよう
社員一同精一杯努めてまいります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


株式会社 トミプラ社員一同

2015年トミプラ仕事納め

2015.12.28

ファイル 88-1.jpg
本年は格別のご愛顧を賜り、
まことに有難く厚く御礼申し上げます。
来年も、より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同心よりお願い申し上げます。


2015.12.28

~謹賀新年~ 年始用ディスプレイ

2013.01.07

2012年 年末の仕事納めに、富山信用金庫様の
八尾支店に年始用のディスプレイをしてきました。

去年と同様に八尾支店のディスプレイは、
立体ディスプレイ?2次元レイヤー仕様でした。

そのディスプレイは、立山連峰をバックに
和凧が揚がっている様を表現しています。
立山連峰は、アルミ複合板とインクジェット
で3パネル連結させました。
和凧はアルミ複合板パネルにインクジェットを
貼りこんだ後、カットしました。
あいさつ文章は、文字を浮いたようにみせる為、
トーメイアクリル加工したものに、カッティング
シート文字で表現しました。


ファイル 86-1.jpg


ファイル 86-2.jpg


八尾支店のシックな佇まいにマッチしたディスプレイで
良い雰囲気です。




久しぶりの制作、加工、施工実例の紹介でしたが去年の
実績もまだまだありますので、時間をみて記録として
前後しますがまだまだ紹介していきたいと思います。




サイン部

謹賀新年

2013.01.01

ファイル 87-1.jpg

2013.1.1 元旦

セントラム全車輌ラッピング~白、黒、シルバー

2012.07.19

富山市内で行われた、日本消化器外科学会総会の
告知広告ラッピングをセントラム全3車輌に
ラッピングしてきました。


シルバーの車輌に、カッティングシートとインクジェットプリントで
ラッピング
ファイル 85-1.jpg

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ホタルイカの部分は透過プリント
でデザイン作製、透き通った感が雰囲気を出しています。
ファイル 85-2.jpg
ファイル 85-3.jpg
黒の車輌には、カッティングシートのみでラッピングを施工。
白い山なみと雷鳥のデザインです。
ファイル 85-4.jpg
白の車輌は、ブルーを基調とした透過型インクジェットプリントの
山なみと、カッティングシートの雷鳥のデザイン
写真では分かりにくいのですが、ブルーの山なみが爽やかさを演出して
います。
ファイル 85-5.jpg





◆看板制作
富山県富山市 看板製作、各種表示、サインのことなら

シルクスクリーン印刷、大型インクジェット出力、カッティングシート
コンピュータカッティング、シール各種、銘版彫刻、屋外広告看板など

株式会社トミプラ  サイン部

シルクスクリーン印刷~3色分版

2012.06.08

今日は、シルクスクリーン印刷(シルク印刷)の看板を
紹介しようと思います。
今回は3色を使用した3色分版印刷でした。
また、シルク印刷の最大の利点である耐光性を生かして
いるのはもちろんのこと、製作枚数の多い同一品でした
ので、インクジェットシートやカッティングシートに比
べて安く製作できるのもシルク印刷の良いところでもあ
ります。


ホワイトの樹脂板に淡い色から順番に印刷しました。

3回目 レッド
    ↓

2回目 ブルー
    ↓

1回目 イエロー  
    ↓
===========ホワイト塩ビ樹脂板



作業写真は順を追って紹介したいと思います。


製版フィルムもある程度分版して製作します。
ファイル 84-1.jpg
ファイル 84-2.jpg
ファイル 84-3.jpg
ファイル 84-4.jpg
ファイル 84-5.jpg

今回はこのような行き先を示す表示で枚数を必要とする
品物でしたが、注意喚起や、禁止事項など数を必要とする
ものなどにシルクスクリーン印刷は最適です。





◆看板制作
富山県富山市 看板製作、各種表示、サインのことなら

シルクスクリーン印刷、大型インクジェット出力、カッティングシート
コンピュータカッティング、シール各種、銘版彫刻、屋外広告看板など

株式会社トミプラ  サイン部

富山信用金庫本店 壁面観光広告

2012.06.01

富山信用金庫本店 様 壁面観光広告完成報告のUPが
滞ってしまいました。
全体をいくつか撮ってきたので紹介したいと思います。


大きな壁面サインというのはブログの中でも書いていましたが、
広告宣伝がメインではない、富山の観光資源の紹介がメインの
環境イメージ広告で、グラフィックも洋画家の本保勝弘氏の
手書きの原画・作品となっております。

1m弱のかなり大きな作品でしたので、細部を再現するために
写真撮影した画像を使うのは避けたかったので、フラットスキャナー
一発で原画をスキャニングできるところを探しました。
幸い、普段お付き合いのあるところでスキャニング出来てホッとしました。
(こんな大きなサイズのスキャンはあまりないみたいで、使えるように
機械を整理するのが大変だったみたいですが。)

おかげ様で細部までの再現性はバッチリだったと思います。
ファイル 83-1.jpg
ファイル 83-2.jpg
大きいのでこれくらい離れても良く見えます。
ファイル 83-3.jpg

■参考■富山信用金庫様

ttp://www.shinkin.co.jp/tomishin/news/detail/120407-2.html

『富山県の観光資源をテーマとした壁面広告』

地域活性化に向け富山県の観光資源のアピールに取り組んでいますが、
創業110周年を記念して本店別館の西、東側壁面に富山県の観光資源を
テーマとした壁面広告を設置しました。
壁面広告を見ていただくことで富山県の観光資源をアピールする
ことができればと考えています。

壁面広告の大きさは、西側壁面:横4.90m 縦8.65m
東側壁面:横4.02m 縦7.02m

富山市八尾町の「おわら」、立山連峰、富山ライトレール、富山城などが
描かれています。
ファイル 83-4.jpg
左:本店別館東面  右:本店別館西面


原作は、富山市在住の画家、本保勝弘氏に依頼しました。
ファイル 83-5.jpg
左:東面原画    右:西面原画






サイン部

ページ移動