記事一覧

chapter1 シルクスクリーン印刷

2010.06.15

サイン部門の一環にシルクスクリーン印刷と製版が
業務にあるのですが(これは前回紹介したもの
がこれにあたります。)皆さんシルクスクリーンに
ついてご存知でしょうか?聞きなじみもなく、なんか
ピンとこないのが本当の処ではないでしょうか。

しかし、以外に目にしてることが多いんですよ。
パッと思い浮かぶ所で、ヒロヤマガタの
POPで鮮烈な色彩が非常に印象的である一方で、
作品中の細部の人物の顔など間近で見ないと
わからないところまで緻密に描写されている絵画
などがあります。
作者は知らなくても、たぶん一度は目にしたことが
あるとおもいます。結構有名です。
あれも実は何百という版をつかって多色刷りした
印刷物なんですよ。印刷物とはいっても大量には、
刷ることができないので、100とか300とかの小ロット
でつくります。かならず直筆のサインとシリアル
ナンバーが入っています。
印刷の版やインクの精度を考えるとナンバーが
小さければ小さいほど理論的には精度が高く
いいものだということがいえます。

弊社の場合、そういったアートものを製作する
ことはないのですが、主に建物の案内板や室名サイン、
ピクトサイン、注意表示や誘導サインなどといわれる、
一般に建物のなかで使われる表示などを印刷製作して
おります。
受注による生産なので必然的に一点ものということに
なります。
 また、シルクスクリーン印刷の最大の利点である
耐光性を生かした、丈夫な外部用の表示や標識なども
製作しています。
石川や富山県内で多数実績ありますので以外に街のなかで
目にしているかも?
次回は仕組みなど紹介できればと思います。 



サイン部






◆看板制作
富山県富山市 看板製作、各種表示、サインのことなら

シルクスクリーン印刷、インクジェット出力、カッティングシート
シール各種、銘版彫刻、屋外広告看板など

株式会社トミプラ  サイン部