記事一覧

「Cocoro HOTRAM(こころ ほっとらむ)」

2010.12.16

「Cocoro HOTRAM(こころ ほっとらむ)」

先日は、ライトレール株式会社様のお仕事で
ポートラムに冬のイメージの車両ラッピングを
カッティングシートとインクジェットシートで施工をしてきました。




今年のラッピングテーマは

「Cocoro HOTRAM(こころ ほっとらむ)」です。

今回は、
「雪降る寒い冬に富山の動物が暖かさを求めてPORTRAMに
 乗りに来た富山の動物たちが暖かいポートラムに遊びにやってくる」
がコンセプト。
 
 来年のえとのウサギのほか、カモシカ、クマ、リス、ライチョウなど
8種類の動物のかわいらしい姿がデザインされ、冬の雰囲気を演出している。
ラッピング車両の運行は12月10日から来年1月10日まで運行するそうです。

とても、楽しくかわいくできたので、一度ご乗車、拝見お願いします。


※カッティングシートの貼りこみ
ファイル 32-1.jpg


※今回、初めて車両先頭最上部に貼る作業がありました。
ファイル 32-2.jpg


※完成全体
ファイル 32-3.jpg


※クリスマスリースにとれねこがデザインされ、動物のシルエットと
 足跡を貼りこみました。
 何の動物と足跡がはってあるかは、実車両で確かめてみてね。
ファイル 32-4.jpg


街なかを走るCocoro HOTRAM
ファイル 32-5.jpg






サイン部




追記

貸切電車 『クリスマス・ポートラム』の運行イベントがあるよ。
ハロウィンに引き続きアテンダントさんがクリスマスに向けて楽しい
イベントを企画してくれたんだよ!

その内容はというと特別装飾した貸切電車『Cocoro HOTRAM』に乗って、
アテンダントさんの演奏や参加者全員でプレゼントを持ち寄ってみんなで
プレゼント交換をしたりしてみんなで一緒にクリスマスパーティをする
イベントをするんだって!
募集方法や日時などこちら ↓

○日 時   平成22年12月23日(祝)
○集合場所 富山駅北電停
○参加者  2人以上のグループ※定員40名
        (親子、カップル、友だちなど)
○参加費  500円(乗車代など)
○その他  参加者全員でプレゼント交換を行いますので、交換用の
        プレゼント(500円程度)を必ずご持参ください。
○当日の予定
 9:45  富山駅北 集合
         ↓
10:10 富山駅北発(貸切)
         ↓
10:50 岩瀬浜 折返し
         ↓
11:15 富山駅北着 解散

詳しくは問い合わせてみてね。
富山ライトレール㈱ 経営企画課「クリスマス・ポートラム」係
F A X:076(426)1775 E-mail:info@t-lr.co.jp 

開業1周年記念のセントラム ラッピング作業 

2010.12.07

 先日、富山市様のお仕事で、セントラムにカッティングシートによる
車両ラッピングの施工をしてきました。
そのセントラム、早くも開業1周年を迎え、1周年記念の為のラッピングでした。


ブラックの車両には
「Thanks 1st Anniversary」と感謝を表すメッセージを表示し、
環状線や「人と街のつながり」をイメージした金色と赤色の輪で
デザインされています。


出来上がった感想は、
黒に金、赤の感じがとても漆装飾品のようなイメージがあって、
和のイメージを感じさせるデザインだと思いました。
ファイル 31-1.jpg




※ブラックの車両にマーキングを施します。
どんどんカッティングシートを貼っていきます。
ファイル 31-2.jpg
ファイル 31-3.jpg
ファイル 31-4.jpg


ホワイトとシルバーの車両は「Thanks 1st Anniversary」のメッセージだけの
表示でした。
ファイル 31-5.jpg
これまでも春の桜や秋のおわら風の盆など、
セントラムが季節ごとに装いを変えアピールに一役買っています。
今回のデザインも来年1月23日までの期間限定となっております。





サイン部

景観広告とやま賞2010

2010.12.03

先日、弊社が携わりました仕事で「コンセプトホテル 和休」が
富山県が主催する「第3回景観広告とやま賞2010」の景観広告賞に、
選ばれました。


ファイル 30-1.jpg


表彰式は、11月4日(木)に開催されました
「美しいまち並みづくりシンポジウム2010」において行われました。




ファイル 30-2.jpg


景観広告受賞のパンフレットのなかで
「コンセプトホテル 和休」は富山駅西側にあるホテル。
和の書体と落ち着いた色のシンプルな看板のデザインから
やすらぎのイメージが作り出されている。
ホテルのコンセプトをよく表しており、
泊まってみたいと思わせるような雰囲気をつくり出している。
との評価をいただきました。

設置者  (有)オカムラ 様
デザイン (株)ミクプランニング様
制作   (株)トミプラ


ファイル 30-3.jpg

トミプラはサインの制作&施工を担当させていただきました。




※「景観広告とやま賞」は地域の特性を生かした良好な景観の保全・創造のため、
周辺景観に調和・配慮された屋外広告物である「景観広告」を広く募集し、
優れた作品を表彰することにより、景観や屋外広告物に対する県民の意識を関心を高め、
「景観広告」の普及を図ることを目的とされています。

「景観広告」とは? 
富山県では景観に配慮し富山らしい生き生きとしたまちづくりに寄与する
屋外広告物を「景観広告」と位置付けています。






◆看板制作
富山県富山市 看板製作、各種表示、サインのことなら

シルクスクリーン印刷、インクジェット出力、カッティングシート
シール各種、銘版彫刻、屋外広告看板など

株式会社トミプラ  サイン部

『流木雑貨 高松屋』様 イベントTシャツ

2010.10.26

今日は、代理店様から紹介でシルクスクリーン印刷での
T シャツへのプリントご依頼の品を紹介したいと思います。


石川県
『流木雑貨 高松屋』様のイベントTシャツを
製作いたしました。

このイベントTシャツ
「クリエイターズマーケット2010 のとじま手まつり」に
合わせ着用、高松屋さんとしてのデビューの日だったそうです。
(この部分については下記参照ください。)

表にはシンボルマーク、背中には屋号がデザインされています。

版をセットして印刷位置の見当を決めます。
ファイル 29-1.jpg

印刷後、乾燥中。
1枚づつチェックしながら仕上げます。
ファイル 29-2.jpg

スキージでインクを丁寧に刷り上げます。
ファイル 29-3.jpg

微妙な刷り圧加減がとても難しいのです。
職人の腕の見せ所です。
ファイル 29-4.jpg

ご依頼の品の完成図です。
ファイル 29-5.jpg


『流木雑貨 高松屋』さんが気になって少しググってみました。
http://takamatsuya.blog102.fc2.com/
ふむふむ、作り手さんの気持ちの伝わってくるブログでした。
読み進めていくと・・・
おや、写真の中に製作したTシャツがハンガーにかけられていました。
しかも、紺色のスタッフTシャツが目印です、なんても書いてあって
なんだか、にやりとしてしましました。


※普段から、製作しているサインや看板、表示もそうなんですけど、
一歩 会社から出て、日常の空間で見かけるといつもなんだか嬉しく
なってしまうんです。

流木雑貨 高松屋さんの
あたたかい、やさしい気持ちになる作品、商品が紹介されてますので
これからもブログをチェックです。





サイン部






◆看板制作
富山県富山市 看板製作、各種表示、サインのことなら

シルクスクリーン印刷、インクジェット出力、カッティングシート
シール各種、銘版彫刻、屋外広告看板など

株式会社トミプラ  サイン部

HALLOWEEN PORTRAM

2010.10.18

 先日、株式会社ライトレール様のお仕事で、ポートラムに
カッティングシートとインクジェットプリントによる車両ラッピングの
施工をしてきました。

 ポートラムイベントとして今回、初めてハロウィンイベントに
向けての装飾です。なかなかかわいらしくできあがっております。
ファイル 28-1.jpg
 私ごとですが、昨日の日曜日、富山駅北でスポレクとやまのイベントに
遊びにいくついでに、このラッピング車両にのってきました。
うちの子がハロウィンの日生まれなので、とても可愛らしいラッピングに
とても喜んでいました。

そのハロウィンの日当日になんだか、仮装してのポートラムイベントが
開催されるそうです。

**********************************

『HAPPY HALLOWEEN PARTY@PORTRAM』
10月31日(日)

10:45 富山駅北集合
11:00 富山駅北発車
11:31 岩瀬浜発車
12:00 富山駅北到着 終了

※特別装飾車両『HALLOWEEN PORTRAM』に乗って
富山駅北から岩瀬浜を往復します。

仮装をしたポートラムアテンダントが、
乗車されるお客さんをお出迎えするよ(=`ω´=)

もちろんそれだけじゃないよ~!
このイベントでは仮装をして乗車してくれるお客さんを募集しています~
当日仮装をして遊びにきてくれたお客さんにはプレゼントもあげちゃうよ!

みんなで『HAPPY HALLOWEEN PARTY@PORTRAM』
を盛り上げてほしいんだ~

~募集~
イベント当日31日の富山駅北発11:00の
『HALLOWEEN PORTRAM』に『仮装して乗車されるお客様』を
募集しております!
お気軽にご参加ください。

問い合わせは、電話076(426)1770

**********************************

是非時間のある方は参加して見て下さい。



※オレンジの車両にマーキングを施します。
どんどんカッティングシートを貼っていきます。
今回、多くのメディア取材が来ていました。
ファイル 28-2.jpg
ファイル 28-3.jpg
ファイル 28-4.jpg
ファイル 28-5.jpg




サイン部

セントラム~オータムバージョン~ 

2010.10.01

先日、富山市様のお仕事で、環状線セントラムにカッティングシートにて
車両ラッピングの貼り施工をしてきました。

 このセントラムラッピングコンセプトは、季節感を感じてもらおうと
白色の車両1台に、これからの季節にぴったりの紅葉のイメージとトンボの
シルエットを秋カラーで飾る車両ラッピングにデザイン。

 トーンが低めの渋いカラーリングですが、白の車両にシックな感じで
秋イメージのカラーが映えています。
最近めっきり秋らしくなってきたこの頃の季節を楽しみにさせてくれる
とても良いデザインだと思います。

※白のセントラムに車両マーキングを施します。
どんどんカッティングシートを貼っていきます。
ファイル 27-1.jpg
ファイル 27-2.jpg
ファイル 27-3.jpg
※完成、おしゃれでシンプルな仕上がりになっています。
ファイル 27-4.jpg
※車両基地の中で夜、撮影しているので模様がはっきりしていないので、
この完成イメージだと分かりやすいです。




ファイル 27-5.jpg




サイン部

ポートラム『グリーントラム発車!』

2010.08.27

 今日は、ライトレール株式会社様のお仕事で
ポートラムにイベント用の車両ラッピングを
カッティングシート&インクジェットシートで
施工して来ました。
ファイル 26-1.jpg
※今回もシンプルな仕上がりになっています。
 簡素ながらもエコを意識したデザインになってますね。
ファイル 26-2.jpg
ファイル 26-3.jpg
ファイル 26-4.jpg




※サントラムも同デザインで走ってるみたいですね。
ファイル 26-5.jpg


●●●グリーントラムについて抜粋●●●

※以下 ライトレール株式会社様から参照

富山市が実施する「チーム富山市フェア」の開催(8/28)に合わせて、
富山ライトレールと富山地方鉄道が協力して、環境へのメッセージを
発信することを目的に、富山市民の太陽光発電で作られた
グリーン電力を活用して、ポートラムとサントラムを
「グリーントラム」として運行致します。

※以上 ライトレール株式会社様から参照


※以下北日本新聞様から参照

太陽光発電を活用した「グリーントラム」
環境に優しい太陽光発電を活用した路面電車「グリーントラム」
の運行が26日、富山市の富山軌道線と富山ライトレールで始まった。
9月30日まで。

太陽光や風力といった自然エネルギーによる発電の普及を目指し、
富山地方鉄道と富山ライトレールの両社が、市を通じて
一般家庭の太陽光発電システムでつくられた電力を購入。
それぞれ1両ずつ走らせている。

 車両は緑色を基調とし、木や空がデザインされている。
利用者のエコ意識の高揚が狙いです

※以上 北日本新聞様から参照




サイン部

セントラム『おわら風の盆バージョン』

2010.08.03

先日、富山市様のお仕事で
ファイル 25-1.jpg
注)イメージです。

今月20日に前夜祭が始まる『おわら風の盆』のPRの為の
セントラムの車両ラッピングをカッティングシートにて
施工してきました。


※黒白の2両に車両マーキングを施します。
ファイル 25-2.jpg
ファイル 25-3.jpg
ファイル 25-4.jpg
※今回もシンプルな仕上がりになっています。
 黒のボディには、越中おわらの勇壮な男踊りがデザインされ、
 白のセントラムには優雅な女踊りがデザインされています。
ファイル 25-5.jpg




サイン部

Chapter4 シルク印刷の手順(刷り)

2010.07.15

製版で製作した版を使い、印刷します。これから簡単に印刷方法を
紹介します。


●刷りの手順(印刷)


1.蝶番、クランプなどでスクリーン枠の一辺を刷り台に固定し、
 位置合わせを行って刷り台に見当と呼ばれる目印を付ける。
ファイル 24-1.jpg
※完成した版(裏側からみています。)




ファイル 24-2.jpg
※刷り台に動かないように、しっかり固定します。


2.インクを調色して適切な硬さになるよう溶剤で調整する。
ファイル 24-3.jpg
※調整したインクを版に流します。


3.スクリーン枠を浮かせたまま、手前の孔の空いていない部分に
 インクを乗せる。スキージーと呼ばれるゴムまたはウレタン製の
 ヘラで版面の上部へ移動させて孔の部分のスクリーンの目を
 インクで埋めた後、スクリーンを板面に下ろしてスキージーを
 手前に引くことで、インクが孔の部分を透過して孔の形に画像が
 刷られる。
 刷った後は、再度スキージーを版の上部に移動させてスクリーンに
 インクを乗せ、乾燥による目詰まりを防止する(返し刷り)。
ファイル 24-4.jpg
※スキージを手前に引き印刷しているところ。




ファイル 24-5.jpg
※完成です。


4.印刷後はインクの種類に合った溶剤で版を洗浄する。


5.多色刷りの場合は版を交換して同じ手順を繰り返す。


6.クリーン印刷ではインキが厚く印刷されるので速乾しない。
 そのために、インクは十分に乾燥させる。




●インク

 用途に応じさまざまな種類がありますが、揮発性の有機溶剤を用いる
 油性インク、水を溶剤とする水性インクとがあり、水性インクは乾燥後
 耐水性となる。
 紙の他に布、金属、樹脂など様々な素材に対応したインクがあり、
 熱を加えることで発泡するインクなど、特殊印刷向けのものもある。
 また、プラスチゾルインクというある一定の熱を加えないと半永久的に
 硬化しない特殊なインクもある。




サイン部

Chapter3 シルク印刷の手順(製版)

2010.07.09

 弊社では、シルクスクリーンの製版は写真製版法を主に用いています。
その他の製版法もわずかですが用いることもあります。下記でこれらの
方法を紹介します。


●製版の手順


◆写真製版法

1.フィルムなど光を透過する支持体に、インクなどで描画してポジを
 作成する。(弊社ではインクジェットプリンターでフィルム製作して
 います。白黒2階調のデータをイラストレータ、フォトショップ等を
 用いて作画しています。)
 多色刷りの場合は色の数だけポジを作り、1色1版で製版するのが基本です。

 当社の印刷製作の主な用途の性質上、網点を表現することは稀なのですが、
 中間トーンを表現するため、グラフィックソフトウェアやリスフィルムの
 使用により網点処理を施すことがあります。
ファイル 23-1.jpg
※パソコン上で作画してデータ化します。

ファイル 23-2.jpg
※大型インクジェット機でフイルムに印字します。


2.アルミ製、木製などの枠に張ったスクリーン(メッシュ)にバケットで
 感光乳剤を塗布し暗所で乾燥させる。一般に感光剤は主にジアゾ系を
 用います。
 弊社の乳剤は耐溶剤性酢ビ系を使用しています。
ファイル 23-3.jpg
※スクリーンを張って枠に接着しています。
 その後、このスクリーンに感光乳剤を塗ります。


◆感光乳剤についていろいろ

* 乳剤
 直接レジストのベースは酢ビと
 ポリビニールアルコールが使われています。

* ジアゾ塩(感光剤)
 重クロム酸塩が公害問題で使用されなくなり代わってこのタイプが使用
 されるようになりました。
 感光剤を混ぜてからも長期保存が出来感度も安定してます。
 さらに水で簡単に現像出来ます。

* 鉄塩
 工場であらかじめ感光性を与えられたフイルム既感性)は、
 鉄塩タイプが多いです。

* 感光性樹脂
 光を与えても透明なため、感度が速く厚膜製版に使用できます。
 溶剤や水にも強く耐刷力があります。問題は露光時に表面の空気を
 遮断する必要があります。


◆メッシュとは1インチ辺りの糸の本数、網目のこと70メッシュから
 420メッシュまであります。印刷画像の細かさで選定。
 画像が細かければメッシュの数は大きくなります。
 一般的な印刷では200メッシュから300メッシュです。


3.スクリーンにポジを重ね、ケミカルランプを使用した感光機で一定時間
 紫外線を露光させる。
ファイル 23-4.jpg
※密閉出来る台にフィルムと版を重ね脱気して密着させます。
 その後、紫外線を当て感光させます。


4.乳剤面に水をかけると感光が止まる(現像)。画像のない部分は
 感光して硬化した乳剤がスクリーンに固着してインクを透過しない
 幕状となる。
 感光していない画像部分は水で乳剤が流れ、インクを透過する
 メッシュ状のままとなる。
ファイル 23-5.jpg
※版に強く水を噴射して、硬化していない乳剤をながします。
 乾かせば版の完成です。


◆その他の製版法

 スクリーンに直接描画して目留めするブロッキング法。
 カットラインを機械でアンバーシートを切り抜いたものを
 スクリーンに貼付するカッティング法があります。
 
 弊社では写真製版法が主流です。


ここまでが製版の製作過程です。
次回は印刷方法について紹介いたします。




サイン部

ページ移動